こんなに身体にいい青汁

健康には青汁とよくいわれますが、そもそも青汁ってどんな飲み物なの?と思っている人もいるかもしれません。簡単わかりやすくいえば「野菜ジュース」といえるでしょうか。一般的な野菜ジュースはトマトをたくさん使っているので赤いのですが、青汁は特に緑黄色野菜を中心とした原材料を使用しているので深い緑色をしており、そこから「青汁」という名称になったのでしょう。

女性に嬉しい効果

では、青汁はどのように健康にいいのかを以下に挙げていきたいと思います。まず、女性に嬉しいダイエット効果があり、特に効果的なのが明日葉と桑の葉の青汁です。次に、豊富な食物繊維が便秘を解消してくれます。便秘が解消されれば、それだけで肌の調子がよくなるという人もたくさんいて、美肌や美白効果を求めることができます。

さらにデトックス効果が高いので身体の中の有害物質や老廃物を体外に排出してくれます。近年活性酸素が身体の老化を進めるという結果が知られるようになりましたが、青汁は抗酸化作用を持つことから活性酸素の働きを抑制する効果も期待できます。そのことから、アンチエイジングにも役立つのです。

その他にも嬉しい効果がたくさん

特にメタボ体型の人は要注意なのですが、ドロドロ血は脳梗塞や脳血栓の発症のリスクを高めます。青汁はドロドロ血の解消に劇的な働きを示してくれます。葉緑素をたくさん含む青汁は、口臭や体臭を抑える働きもあります。冷え性の改善が期待でき、むくみ解消にも役立ちます。鉄分も多く含まれているので、貧血気味の人にもおススメです。他にも、免疫力を高めるので疲れにくくなったり、疲労回復にも効果があります。

青汁を取ることで母体が受胎しやすくなったり受胎後の胎児の発育がよくなったりする他、つわりや妊娠中毒症の恐れが緩和されます。もちろん赤ちゃんが青汁を飲むことに何も問題はありません。それどころか、青汁を飲んでいる赤ちゃんは病気になっても回復が早いのです。以上ざっと挙げましたが、青汁にはこのように非常にたくさんの効能や効果があるのです。ただし、デメリットがないわけではありません。

一般の人には問題ありませんが、腎臓に欠陥がある人や人口透析を受けている人は症状を悪化させる恐れがあるので要注意です。それは青汁に豊富に含まれるビタミンやカリウム、リンといった成分が原因です。したがってそれらに該当する人はもちろん、心配を持っている人、またこれから青汁を始めようとする人は病院で確認したほうがいいかもしれません。

返信を残す

必須項目には印がついています*